丸子(まりこ) 大鈩不動尊(おおだたらふどうそん)

日曜日(1月28日)丸子の大鈩不動尊(おおだたらふどうそん)へ行ってきた。
その日は縁日で参拝者の方々で賑わっていた。

大鈩の一番奥に杉林に囲まれた高さ2メートルほどの滝があり
滝の両側には十六羅漢像が安座、
滝上には、不動明王堂と並んで、
丸子城で武田信玄の守り本尊となっていた愛宕山大権現のお堂と不動明王堂があり
そこではご祈祷が行われていた。

岩肌に御堂を建立し、まるで自然から突き出たような御堂だ。
線香の煙と香りに包まれて読経するお坊さんの低い声と太鼓が反響する。

b0045361_1726148.jpg


私は10年ほど前の大晦日か元旦の真夜中に行ったことがある。
当時はなんてことなくサクサク歩いていたけど(真っ暗でそれが怖くて途中で引き返したような・・・)
10コ歳を取った私の目には荘厳なる自然の偉大さと日本人の心の清らかさが映り
とても居心地が良かった。

イチデジD30を持っていたがどうもうまく撮れない(ノ_<。)(ブレブレなのよ。)
NATURA CLASSICAでも撮ってみた。
↑彼女とはまだ波長が合っていないのでどうなるかわからないけど、いい光源具合だったのではないかと思う。

ただ我が家の地鎮祭の時に
「神さんは写真を嫌うでね~」と言った社長の言葉を思い出していたので
極力お地蔵様は撮らなかった。


昨日は縁日で止まって写真を撮ると参拝者の邪魔になるのでゆっくり出来なかったけど
縁日じゃない日には閑散として霊気をたっぷり感じるようだ。
駿河木の家日記さん 丸子 大鈩不動尊(おおだたらふどうそん)参照。
↑はじめましての静岡市内の工務店さんのブログ。
夕方初めてのコメントが約一年前へのpostだったことに気がついた。
新旧問わずコメントを気軽に入れられる、これがブログのいいところなのだろう。(たまにそんなとこに入れて。。。と言う人も居るが)



今度はLC-Aで撮りたいと思う。
それと三脚とD30でちゃんと!(´・ω・)(´-ω-)(´_ _)ゥム。


ちなみにここの周辺は十割そば “ きしがみ ”へ行きたかったんだけど
超満員で車を止めることができず市街地に数店舗店を構える庶民の蕎麦屋戸隠しへ。


美味しいおそばやさんてぇのは
おそばを山盛り出してくれないのかね?
たいがいペロっといける程度の少量盛り。そしてお値段は高額。

「きしがみ」も高いようですが、じいじの脛にかじりついてくっついていくのでおかまいなし♪






しかしその夜・・・・

りぴは大変な状況に陥った。

何かにとり憑かれているかのように
宙を払いのけるように「イヤだ!イヤだ!」と泣き叫ぶ。
布団をかけるとすごく嫌がりバタバタする。
電気をつけ「どうしたの?」と言っても泣きじゃくるばかり。
なんども話しかけていると
「喉が詰まる」という
「タンがつまるの?」と聞くと
「喉が詰まる!」といって首を掻き毟るような仕草をする。
その後1時間おきに大騒ぎ。。。
不気味です。

今朝「昨日なんの夢見たっけ?」と聞くと
思いを巡らせ「?なんにも~」と。

でもいつもの笑顔に若干疲れが見え、いつもより妙に聞き分けがよく、ちょいと怖い。


実は、大鈩不動尊を調べて初めて武田信玄の守り本尊が安座していることを知った。
それと同時に昨日寝る前にりぴがじいじと並んで見てた大河ドラマの武田信玄が浮かび
大鈩の武田信玄とリンクしたんだと思った。


だいたいお祓いをしてもらう場所に行って
良からぬ者をもらってくるなんて本末転倒だから大丈夫だと思っています!

今夜はぐっすり眠ってくれますように。
[PR]
by reni_rin_what | 2007-01-29 19:43 | *写真~EOS D30~
<< おめでとう!私☆ 思い出ではなく ・・・ >>